実用英語技能検定は、一般的に「英語検定」「英検」と呼ばれる、年間で約230万人が受験している日本で最も規模の大きい検定のことを言います。実用英語技能検定は、年に3回全国各地で試験が行われ、受験しやすいのも魅力の1つに挙げられます。検定の内容は7つの等級に分かれており、5級の中学校初級レベルの簡単な英語から、1級の大学英語の中級レベルの社会生活で求められる英語まで、幅広い範囲の検定となっています。3級以上になると、「読む・聞く・話す・書く」の全ての能力が必要とされ、筆記試験のみならず、リスニングに加えて、面接試験としてスピーチも加わります。スピーチでは発音や、質問の意味の理解ができているか、コミュニケーションをうまくとれているかなどを問われます。国際化が進んでいる今、英語の知識があるかどうかは就職活動において、とても重視される項目となっています。一般的な企業ではあまり重要視されませんが、英語能力が必要な外資系企業や海外進出をしている企業では、実用英語技能検定の資格を持っていると就職が有利になるでしょう。また、就職する際に評価されるのは、実用英語技能検定2級以上といわれています。また、最近では、教員採用試験でも実用英語技能検定1級保有者には特別措置をとる県が増えています。他にも、国家試験である通訳ガイド試験の科目免除を受けることもできますー